• spaceHomare

目玉焼き




teamLab Borderlessの中で見つけた たとえ話。

想像しながら読んでください♬


「目玉焼きの黄身に、白身を触らずに触ってください」

と言われたらどう感じますか?


「え?簡単じゃん」となります? よね。

上から黄身だけ触ればよいんですもんね。


もしそれを、2次元=平面に住んでる人に言ったらどうでしょう?

2次元には空間がないので、

2次元の人も目玉焼きも、同じ平面上に有る、ということになります。


2次元の人には、目玉焼きの白身しか見えません。

真ん中の黄身に辿り着くには、どうしても白身を通らないとなりません。


きっと

は?! なに言ってんの?! 無理に決まってんじゃん」となるでしょう。


同じように、

3次元にいる私に、TimeWaverが4次元的な解決策を提示してきたとき、

は?! なに言ってんの?!」ってなることがあります。

そうすると、スルーしてしまったり、 「いや、ムリムリ」と言って終わりにしてしまいがち。

・・・でも、ちょっと待って。

私たちは、肉体は3次元にあれど、意識は高次元にあるんです。 だから、本当は TimeWaverの言うことは 全部わかるはずなんです。

TimeWaverの影響による変化にも、スイスイついていけるはずなんです。

そしてTimeWaverとは、「=多次元のあなた」ですよね。。。


それを見ないようにしたり、留めたりするのは、他ならぬ、

「自分は3次元に居る」と勘違いしている私たちのアタマなんですね。

ですので、TimeWaverと関わるときは、


是非アタマで考えすぎないで、アタマで理解しようとしないで、

全体・全次元をほんわりと俯瞰しながら、毎日を愉しくお過ごしください。

そうしたら、

TimeWaverからの貴重な提案をスルーすることなく、活かしていけるかもしれません。


3次元的なこと・常識・ヒト社会のルールなどを飛び越えた多次元の解決策を

是非是非、愉しんでください




最新記事

すべて表示