スペース*ほまれの
NESセッションについて

~ ネ ス ~

イギリス+オーストラリアで生まれた

「エネルギー情報スキャンシステム」です

NES セッションで使用する「NES BWS」は、

中医学や代替医療に長けたオーストラリアのピーター・フレーザー氏が

30年以上もかけた、「情報フィールドの研究」から生まれました

bodyField_edited.png

情報フィールドには

「あなた」を存在させているエネルギー的な情報があり

「臓器・経絡・感情・トラウマ・栄養・環境」などはそれぞれ、

固有の周波数を持っています

NES は あなたの情報フィールドの中の150以上の座標点を分析し、

周波数的な歪みや乱れがあったところを教えてくれます。

また、整えるべきポイントに「優先順位」をつけて示してくれるので、

最優先の項目から効率よく、無理なく、調整を進めていけます。​

これは、数ある周波数調整器の中でも NES だけの特徴です

この、量子電磁力学・生物物理学・中国伝統医学を統合したシステムは

欧米にて 2008/2009年に「ベスト施術者機器賞」を受賞し、世界中の

医師・代替医療家・アスリート・美容関係者などに愛用されています。

【セッションの進め方】


事前に「声の録音」をお願いしております。

(メールでご説明いたします)

その声からNESが、あなたの情報フィールドの状態を分析します。

セッション当日は、周波数的に歪みや乱れがあったポイントの中で、

優先的に整えた方がよいところを一緒に見ていきます。

話しをするだけでも意識が向くので、情報フィールドは整い始めます。

更に、周波数を発生するデバイス「マイヘルス」を使って調整を行います。

「情報レメディ」を3本 お渡しいたしますので お持ち帰りいただいて、

毎日飲んでいただくことで、調整を更に定着させていきます。

こうやって、生活習慣・ストレス・化学物質などによって乱された周波数を

本来あるべき周波数に変容させていくことで、

あなたを「本来あるべきあなた」へと調整していきます。

  微細なエネルギーは、

  全体のバランスをとりながらゆっくり整っていく、

  という性質があります。

  初めてNESを体験されるときは、

  3回くらい続けて受けることをお勧めしております

周波数発生デバイス【マイヘルス】について

バイオフィードバック、グローバルスケーリング理論、

NES磁氣情報理論をベースに作られた 周波数発生デバイスです。

発生出来る周波数パターンは、

■筋肉・神経・臓器などの肉体モード

■内的平和・調和・落着きなどのメンタルモード

■時差ぼけや電磁波による周波数の乱れを修復するモード

■経絡のツボに対応しているモード

など、100近くあります。

電氣だけでなく、

磁氣パターンを発生することができるデバイスは、

なんと、マイヘルスが世界で初でした。

360度、半径30cm発生します。

マイヘルスによって調整された結果、起こることは、

■荒れている動物がおとなしくなったり

■急性的な筋肉痛があっという間になくなったり

■アンチエイジング+皮膚モードで肌のキメが細かくなったり

■ハンガリーのオリンピックチームのメダル獲得数が目覚ましく増加したり

と、なかなか感動ものです。

  スペース*ほまれでは、

  リラクゼーション整体「てあて」でもマイヘルスを使用し、

  施術をしながら調和を促しています

      内容

 塩・・・・・・・・・1%

塩化カリウム・・・・1.5%

塩化マグネシウム・・1%
ソルビン酸カリウム・0.2%

クエン酸・・・・・・0.05%

 ミネラルウォーター

周波数情報レメディ【インフォスーティカル】

正式名称はこんなですが、

難しいので “ 情報レメディ” と呼んでいます。

生化学的にはただのミネラル水(下部参照)ですが、

100万ボルトの静電圧で、コード化された周波数情報が転写されています。

スペース*ほまれでは、1回のセッションにつき、

3種類の情報レメディをお持ち帰りいただいています。

お水に入れて毎日飲んでください。

周波数が乱れているところに向けて、

情報レメディが持つ「本来あるべき周波数」が届けられることで、

ブロックやアンバランスを調整し、

身体と感情のコンディションを整え、

調和のとれた本来の自然な状態に向かわせてくれます。

お渡ししたレメディは、1本 全部 飲み切ることで、

整えた領域の周波数が乱されにくくなるように設計されています。

 


  情報レメディをもっと飲みたいという場合は、

  1本2500円で追加が可能です。

  1回のセッションで、6本までなら増やしていただけます。